泥亀

アクセスカウンタ

zoom RSS 俳句

<<   作成日時 : 2006/05/14 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 俳諧とはもともと滑稽という意味であったから、滑稽味と言ってもよい。ただし、その滑稽は低俗な滑稽ではなくて、上品さを保っていなければならない。飄逸とか洒脱とか言い得るたぐいのおかしさである。阿波野青畝は伝統的な俳諧性をよく身につけていたひとりであった。
<重き尻ざぶんと鴨の降りにけり  青畝>は俳諧味のあふれた作品と言える。
            掃天に声よく通る植樹祭     泥亀

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
俳句 泥亀/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる