泥亀

アクセスカウンタ

zoom RSS 俳句

<<   作成日時 : 2018/05/16 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あさにが句会 選句・選評します。

○2. 蝙蝠の飛び交ふ駅に降り立てり
乗り降りの少ない山の駅があり、降り立ってふと顔を上げると
忙しく飛び回る蝙蝠が目に飛び込んできた姿を瞬間描写している。

○5. かはほりや日暮るる度に町古び
蝙蝠の飛び交う町は田舎とは限らない。日が暮れて真暗闇になる
までの刻々と変わる街の様子をしっかりと描写している。

○7. かわほりや街灯めざし親も子も
蛾等が明るい街灯の周りを激しく飛び回るのは、夏の夜ならではの
光景である。それらをめがけてこの餌を求めて蝙蝠がやって来る。
生まれた子供は40日ほどで自立して親子でやって来る姿がある。
蝙蝠の母と子の間には人間の親子にも負けない強い絆があることを忘れてはならないと警鐘ている。

〇13. 古里の山河の香り夏料理
久し振りに帰省した作者を山河は快く迎えてくれた。出してくれた
夏料理は質素であるがことのほか身にしみて有難かった。

〇19. 夕闇のかけらひらひら蚊喰鳥
日が落ちて月が上るまで時間帯に取り残されている小虫たちを捉え
て捕食する様子を激写している。

妄評をお許しください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
俳句 泥亀/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる