泥亀

アクセスカウンタ

zoom RSS 俳句

<<   作成日時 : 2017/06/19 11:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

十七茶句会選句
脇息と座椅子の木地や夏料理
京都貴船の川床は木々の緑が美しさも格別である。
旬を迎える野菜や魚介を用いたものなど涼味をあしらった料理が出される。
木材の脇息・座椅子は本格的料理の雰囲気を醸し出す必須のアイテムである。
青水無月野鳥アプリに付箋増え
探鳥会、旅行、散歩で鳥を見つけた時に鳥の記録を取る。鳥を見つけた場所や時間を
アプリに記録し。鳥の種類数や見つけた場所などの情報をその都度加える。
そんな楽しい俳句観は楽しい。
井戸端の午後を旅ゆくかたつむり
時代は移り変わっても世間話に花を咲かせる人の心に変わりはありません。
延長線上の仲良し旅は話のネタは尽きず、話を横目に蝸牛は活動中である。
子ら並び座すシルエット蚊やり焚く
子供たちが椅子に座り授業を待っている。その傍らに香取線香がくすぶっている。
林間学校の授業が影絵のように浮かび上がっている実景を描写している。
熊楠の夢に届けむ花あふち
南方熊楠(みなかたくまぐす)は後にも先にも、これほど破天荒な才能はなかった。
超人的な知性と少年のような好奇心で誰よりも遠く深い場所に達した日本人。
白または淡紫色の小花を無数に円錐花序に開く、その花の姿に熊楠の夢と重なる。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
俳句 泥亀/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる